高校野球の背番号の位置や縫い方を紹介!

その他

この記事では、高校野球の背番号の取り付け位置や背番号の縫い方を紹介します。

スポンサーリンク

高校野球の背番号の取り付け位置は?

高校野球の背番号は、背中の襟元上端から約8~10㎝下の位置に背番号の上端が来るように、左右均等に取りつけるます。

シャツは、野球ズボンに入れ込むので、背番号が下すぎるとズボンの中に入ってしまうので注意!

上すぎても下すぎても、いけません💦

 

 

高校野球の背番号の縫い方は?

高校野球の背番号を縫う場合の糸の色は、ユニフォームと同色又は、背番号と同色の糸を使います。

グレーのユニフォームと白い背番号なら、白の糸でもグレーの糸でもどちらでも大丈夫です。

 

縦ストライプの模様のユニフォームの場合は、ユニフォームのストライプと大きくずれないように縫い付けます。

 

縫い付ける前に、ユニフォームに置いてみて、バランスを見てから安全ピンなどで一度仮止めしましょう。

そして、ユニフォームを着た時に、背番号が野球ズボンの中に入ってしまわないか確認してから、縫い付けましょう。

ミシン縫いはNGgです。手縫いしましょう。

ミシンで縫い付けてしまうと、背番号を交換する時に解くのが大変です💦

 

背番号の縫い付けは面倒ですが、手縫いしてくださいね。

 

 

高校野球の背番号の位置や縫い方のまとめ

以上、高校野球の背番号の位置や縫い方をお送りしました。

高校野球の場合、背番号の位置は、首の襟端より、8〜10cm下の部分に、左右対称にバランス良く縫い付けましょう。

 

縫う糸の色は、ユニフォームと同色か、背番号と同色かを選ぶと、目立ちにくくて良いでしょう。

 

背番号の縫い付けは、ミシンではなく手縫いにしましょう。

 

 

その他
スポンサーリンク
今日子をフォローする
スポンサーリンク
スポーツママのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました