山田龍聖の成績や経歴、球速や球種!スカウト評価は?

大学野球・社会人野球

JR東日本の注目左腕、山田龍聖選手は182㎝の長身から投げ下ろす、最速153キロのストレートが魅力の本格サウスポー投手。この記事では、JR東日本の山田龍聖選手の経歴や成績、球速・球種や成績、スカウトからの評価についてまとめました。また、記事の後半では、山田龍聖選手の動画を掲載しておりますので合わせてご覧ください(^^)/

スポンサーリンク

山田龍聖のプロフィール

読み方:やまだ りゅうせい
生年月日:2000年9月7日
出身:富山県氷見市
身長:182cm
体重:80kg
投打:左投左打
家族:両親、弟
尊敬する選手:大谷翔平
経歴:氷見市立西條中学校→富山県立高岡商業→JR東日本

山田龍聖の経歴

山田龍聖選手は氷見市立窪小学校4年から窪スポーツ少年団で軟式野球を始めました。氷見市立西條中学校時代は軟式野球部で4番でエースと投打で活躍。中学時代に最速133㎞をマークし、地元では注目の左腕ピッチャーでした。
高岡商業高校に進学すると1年秋から控え投手としてベンチ入りし、富山大会でリリーフとして3試合に登板しました。4回ノーヒット、9奪三振、無失点でチーム優勝に大きく貢献。続く北信越大会でも準優勝まで勝ち進み、翌春(2年春)のセンバツ出場を果たしました。しかし選抜では初戦敗退で、山田投手の登板のチャンスはありませんでした。
2年夏の富山大会の準決勝まではずとリリーフ登板でしたが、決勝では先発ピッチャーとして登板。結果は山田投手の完投勝利で、春夏2大会連続の甲子園出場を果たします。
夏の甲子園では、初戦の東海大菅生戦でリリーフ登板し143キロをマークしますが、制球が定まらず1回と1/3を投げて6失点(自責4)で敗れました。
2年秋の県大会では3回戦の富山工戦で8打者連続三振を奪う好投を見せます。準決勝の富山商戦では、16個の三振を奪いながらも破れ春の甲子園出場はなりませんでした。
3年春からエースを任され県大会優勝に大きく貢献。夏の選手権予選では、富山大会で優勝し、夏の甲子園出場を決めます。
3年夏の甲子園では、初戦で佐賀商を7回1失点(自責0)7奪三振、2回戦の佐久長聖戦では4失点 (自責3)8奪三振で完投勝利。3回戦で負けはしましたが、強打の大阪桐蔭を相手に11奪三振という好投を見せました。
甲子園終了後もU18日本代表に召集され、ドラフト候補として注目を集めていました。ところが、山田投手はプロ志望届を提出せず、社会人野球のJR東日本で野球を続けました。
[ad]

山田龍聖の球速や球種

山田龍聖投手の球速は最速153㎞。球種はスライダー、カーブ、チェンジアップなどの持ち球があります。独特のテイクバックから最速153キロのストレートを投げ込みます。高校2年の夏までは、ストレートだけで三振を奪う投球が目立ちましたが、東海大菅生戦での敗戦を機にスライダーを習得。また、チェンジアップの精度も高く、多くの三振を奪っています。
社会人野球では選手層の厚いJR東日本にいたため、出場機会がさほどありませんでしたが、今年に入ってからは多くの公式戦に登板しています。

山田龍聖のスカウト評価は?

山田龍聖選手のスカウト評価は、

東北楽天イーグルス(沖原スカウト)
両サイドに投げられる。下位では取れない
ソースはこちら→デイリー

中日・小山スカウト
真っすぐでも空振りが取れるのは魅力的
ソースはこちら→デイリー

 阪神だけなく「間違いなく上位で消える存在」と各球団からの評価もうなぎ上りで、阪神も上位候補の一人として熱視線を送っている。
ソースはこちら→東スポweb

日本ハム(大渕スカウト部長)
若いわりに修正できる。(大学生の有力左腕と)比較することになる。
ソースはこちら→日刊スポーツ

楽天(沖原スカウト)
立ち上がりも、なんだかんだで1失点。大荒れしない。
ソースはこちら→日刊スポーツ

巨人(榑松スカウト部次長)
速球派のイメージに加え、変化球も交え、うまく投げていた。(ドラフトの)上位24人には入ると思う。
ソースはこちら→日刊スポーツ

中日(米村アマスカウトチーフ)
2回からは球速を落とし、制球を重視していた。馬力だけでなく、大人びた投球を見せてくれた。
ソースはこちら→日刊スポーツ

複数の球団からコメントが出ており、巨人の スカウト部次長からは『(ドラフトの)上位24人には入ると思う』とのコメントがでており、高い評価を受けていることが伺えます。

\コチラの記事も人気です/

\ドラフトが待ち遠しいですね/


コメント

タイトルとURLをコピーしました