田村俊介の球速・球種、高校通算成績は?

高校野球

この記事では、愛工大名電の田村俊介投手の球速や球種、地方大会の成績について調査しました。

スポンサーリンク

田村俊介投手の球速や球種

田村俊介投手は身長178㎝体重88㎏のがっしりとした体型で、ノーワインドアップからクロス気味に投げる常時140キロ台の力強い直球、最速は145キロを記録。変化球は、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シュートなど多様な変化球でもストライクが取れるコントロールにも定評があります。
手が大きく、深さを変えた3種類のフォークが投げられるのが魅力ですね。

余談ですが、田村俊介選手は、幼稚園の年長から野球を始めており、小学生時代は共楽少年クラブに所属、6年生時に最速125キロをマークしています。

明徳義塾中学でも主将を務めており、全日本少年野球軟式野球大会で準優勝を経験。明徳義塾中学在学中は、甲子園球児SP等のバラエティースポーツ番組にも出演。『ビートたけしのスポーツ大将』では中学生スラッガーとして出演、桑田真澄投手からクリーンヒットを放つなど注目を集めました。

スポンサーリンク

田村俊介の高校通算成績

田村俊介選手の愛知大会での成績は、大会序盤の3試合で先発する等、合計4試合17回を投げ、16奪三振、6四死球、1失点に抑えました。愛知の強豪、享栄との決勝戦では二回から救援し、4回を無失点に抑えて、愛工大名電に流れを戻しました。

打撃での成績は、2021年公式戦では14試合、5二塁打、3三塁打、1本塁打、13打点、3三振、打率.446、出塁率は.523と4割を超える打率を記録。
長打が多く出塁率が高いため、夏の甲子園では三番を任されていました。

スイングスピードは、160キロを超えており、全方向に120m以上の飛距離が出せる打撃力も魅力です。

田村俊介のプロフィール
ポジション:投手・一塁手・三塁手
投打:左投左打
身長・体重: 178㎝・88㎏
生年月日:2003年8月25日
出身中学:明徳義塾中学⇒舞鶴市立和田中学(京都)
第103回全国高校野球選手権での田村俊介選手のピッチングです👇

\高校野球をもっと楽しみたい方はこちら/

高校野球
スポンサーリンク
今日子をフォローする
スポンサーリンク
スポーツママのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました