松浦慶斗の球種や球速!小学校や中学はどこ?

高校野球

甲子園常連校の大阪桐蔭のエース松浦慶斗投手。この記事では、松浦慶斗選手の球種や球速、小学校や中学についてまとめました。

スポンサーリンク

松浦慶斗投手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

s-e-k-o(@smile_18.44m_smile)がシェアした投稿

名前:松浦慶斗(まつうらけいと)
出身地:宮城県石巻市
生年月日:2003年7月1日
身長 :185cm
体重:94kg
投打:左投左打
ポジション:投手
経歴:川之江南小学校(軟式金田とどろき)→川之江南中学(川之江ボーイズ)→明徳義塾高校
家族:両親
[ad]

松浦慶斗投手の球速

松浦慶斗投手の球速は最速150㎞で常に140㎞前後の球速です。
松浦選手は桐蔭に入学した1年の秋には早くも140キロ台を出し、ベンチ入りを果たしています。2020年夏大阪大会の準決勝(履正社戦)では、プロスカウトのスピードガンで最速150キロのストレートをマークしています。

松浦慶斗投手の球種

松浦慶斗選手の球種(変化球)は、スライダー、カーブ、フォークボール、スプリットなどの変化球があります。

  • スライダー:120㎞前後の球速で、横の曲がり巾が大きく変化します。
  • カーブ:106~113㎞の球速で、大きく曲がって落ちます。
  • フォークボール:100㎞後半~120㎞前半で、ストンと落ちます。

制球力も高く、左腕ですがフォアボールも少ない投手です。因みに遠投は、90m。

スポンサーリンク

松浦慶斗の小学校や中学はどこ?

松浦慶斗選手は、宮﨑県石巻市生まれで門脇小学校に通っていました。小学1年から「門小ガッツ」で野球を始めますが、1年の終わりの3月11日、東日本大震災にあい、しばらく野球どころではありませんでした。
松浦投手が小学2年の時に父親の転勤で北海道旭川市に移り住み、旭川市立新富小学校に転入。「新富野球少年団」で野球を再開します。
小学5年から投手としてもプレイしており、小学6年時には、野球少年憧れの「北海道日本ハムファイターズジュニア」に選抜されます。

旭川市立明星中学に進学すると、中学の野球部ではなく、旭川大雪ボーイズに入団します。中学1年時には、カル・リプケンU12世界少年野球大会代表に選ばれ、3回戦で登板、チーム優勝に大きく貢献します。

中学3年時には、ボーイズ春季全国大会1回戦出場、夏にはボーイズ選手権大会に出場し、ベスト8に残る等、全国大会の経験も豊富です。

更に、U15日本代表としても活躍し、小学生時代からその実力が広く認められていました。

こちらの記事も人気です👇

\全国高校野球選手権大会をもっと楽しみたい方はこちら/




コメント

タイトルとURLをコピーしました