池田来翔(国士舘大学)の成績や経歴、通算本塁打!

大学野球・社会人野球

国士舘大学の注目内野手の池田来翔選手。この記事では、池田来翔選手の成績や経歴、通算本塁打!スカウト評価についてまとめました。また、記事の後半では、池田来翔選手の動画を掲載しております。合わせてご覧ください(^^)/

スポンサーリンク

池田来翔のプロフィール

読み方:いけだ らいと
生年月日:1999年12月11日
守備:内野手
投打:右投右打
身長・体重:180cm・90kg
家族:両親・弟(光瑠)
出身:千葉県八千代市
中学:八千代中学
高校:習志野高校
大学:国士舘大学

池田来翔の経歴

池田来翔選手の父親の池田真樹さんは、兵庫県の強豪・報徳学園出身で、日本大学、NTT東日本で野球を続けていました。池田来翔選手の名前は、父の守備位置ライト(右翼)から『来翔(らいと)』と名付けられました。
小学生から北東タイガースで軟式野球を始めており、6年時には競争率の高いセレクションを勝ち抜いて千葉ロッテジュニアでプレイしています。

中学時代は、父親がコーチを務める京葉ボーイズでプレイ、中学3年時にはボーイズ春季全国大会で2回戦進出を果たしています。

スポンサーリンク

池田来翔の高校時代の成績は?

習志野高校時代は1年から外野を守っていましたが、2年秋からサードのレギュラーに定着しました。の3年夏の千葉大会では1番サードでスタメン出場。22打数10安打2本塁打5打点打率.455をマークしました。決勝では、木更津総合に3−4で敗れ甲子園出場はなりませんでしたが、準々決勝、千葉敬愛との対戦では、3−3の同点の場面で6回にレフトスタンドへ勝ち越しのホームランを放つなど、長打力が高く評価されています。

ちなみに、決勝で敗れた木更津総合には、法政大学の山下輝投手や日本大学の峯村貴希選手らが出場していました。

→峯村貴希の身長や体重!中学高校や小学校はどこ?を読む

→山下輝(法政大)の身長や体重!高校や中学はどこ?を読む

池田来翔の大学時代の成績は?

2021年5月18日の東都大学2部リーグ1回戦で、先頭打者としてその長打力を見せました。
二回表にあまく入ったツーシームをレフトスタンドへ運んで先制ソロホームランを、四回表にもセンター方向へのヒットを放ち、五回、八回には申告敬遠を受けました。

国士舘大学では1年生春から6番サードでスタメン出場を果たし、48打数17安打1本塁打11打点打率.354と1年生ながら11打点の活躍で注目を集めました。2年春には、22安打を放ち打率.333をマークし、2学年先輩の高部瑛斗(ロッテ)が持つ東都二部通算129安打の記録を超える活躍を期待されましたが、新型コロナウィルスの影響で2020年春のリーグ戦は中止となりました。
3年秋からセカンドも守っています。4年春のリーグ戦では10試合に出場、36打数12安打1本塁打2打点打率.333の記録を残しています。

\コチラの記事も人気です/

\ドラフトが待ち遠しいですね/


コメント

タイトルとURLをコピーしました