秋山正雲投手の読み方や身長!中学はどこ?

高校野球

2年ぶりに開催される夏の甲子園。ドラフト候補、二松学舎大付の秋山正雲投手が注目されています。この記事では、秋山正雲投手の名前の読み方や身長、出身中学について調査しました。

スポンサーリンク

秋山正雲の読み方や身長は?

秋山正雲投手の名前は『あきやま せいうん』と読みます。

三国志好きの父親が、関羽雲長と趙雲子龍から名付けたそうです。猛将(もうしょう)のように、勇気があり強くたくましく育って欲しいとの思いが込められています。かっこいいですね!

因みに3歳年上のお兄さんの名前は秋山龍正さんで、三国志に因んだ名前ですね!龍正さんも、高校時代は八戸学院光星でプレイし、3年夏には正捕手として甲子園出場を果たし、現在は白鷗大学の野球部で活躍しています。

秋山正雲投手の身長は171㎝、体重は77㎏でピッチャーとしてはやや小柄です。ですが、内角をえぐる140㎞台のストレートはキレがあり、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜ、狙いを絞らせない投球で、東東京大会の決勝では強打を誇る関東第一を相手に、3安打に抑えるなど素晴らしい活躍を見せました。

秋山正雲のプロフィール

名前:秋山正雲(あきやま せいうん)
生年月日:2003年4月29日
出身地:千葉県流山市
身長:171cm
体重:77kg
投打:左投左打
兄弟:兄(秋山龍正)
[ad]

秋山正雲の小学校や中学はどこ?

秋山正雲投手の出身小学校は西深井小学校、中学は東深井中学校です。

西深井小学校1年の時に流山カージナルスというチームで軟式野球を始めます。6年の時にはセレクションを受けて、ヤクルトJr.入りを果たしていることから、小さい頃から野球センスがあったことが伺えます。

中学時代は、荒川リトルシニアで硬式野球をプレイ。中学時代も早くから主力として活躍します。 中学2年時(2017年)にはリトルシニア全国選抜野球大会で2回戦進出しています。

中学卒業後は、自身と同じサウスポーの大江竜聖投手に憧れ、二松学舎大附属高校に進学。名門の二松学舎に入学すると1年の秋からレギュラー入りを果たします。
2年の夏の大会では登板はありませんでしたが、秋予選からエースナンバーをつけて主力を務めています。東京都大会では、全5試合38回を1人で投げ抜き、4強まで進みました。

スポンサーリンク

秋山正雲投手の読み方や身長!中学はどこ?のまとめ

以上、秋山正雲投手の読み方や身長!中学はどこ?をお送りしました。

秋山正雲投手の名前は、『あきやませいうん』と読みます。三国志の『関羽雲長』と『趙雲子龍』に由来する名前です。因みに3歳年上の秋山正雲投手のお兄さんも白鷗大学で野球をしており、お名前が「秋山龍正」さんと三国志つながりのようです。

秋山正雲選手の身長は171㎝です。

中学は東深井中学出身で、荒川リトルシニアに所属していました。

こちらの記事もあわせてどうぞ👇
秋山正雲の球速や球種!成績は?

\全国高校野球選手権大会をもっと楽しみたい方はこちら/




高校野球
スポンサーリンク
今日子をフォローする
スポンサーリンク
スポーツママのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました