三重県高校野球選手権大会2021の優勝予想や注目選手!

高校野球

2021年の今年の夏、無観客ではありますが全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)が行われます。この記事では、2021年全国高等学校野球選手権大会の三重大会の優勝予想や注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

三重県高校野球選手権大会2021の組み合わせ

全国高等学校野球選手権大会・三重大会は、7月10日(土)~7月26日(月)の期間に行われます。

抽選会は6月22日(火)14時~に行われました👇

引用:メ~テレ

三重県高校野球選手権大会2021の優勝予想校一覧

2019年の三重大会は、津田学園が優勝しています。

2年ぶり、夏の甲子園に出場するのはどの学校でしょうか!
優勝予想校の成績を紹介します👇

【春季大会2021年におけるベスト8校】
・優勝:津商業、準優勝: 津田学園
・4強:海星、松阪商業
・8強:高田、白山、鈴鹿、暁

津商業

  • 秋季大会:3回戦敗退(3回戦、桑名高校に3-4で敗れる)
  • 春季大会:優勝(決勝戦で津田学園に4-2で勝利)
  • 春季東海大会:1回戦敗退(掛川西に1-5で敗れる)

津田学園

  • 秋季大会:ベスト8(準々決勝で松坂商業に1-3で敗れる)
  • 春季大会準優勝(決勝戦で津商業に2-4で敗れる)
  • 春季東海大会:1回戦敗退(中京に9-11で敗れる)

松坂商業

  • 秋季大会:準優勝(決勝戦で三重高校に1-3で敗れる)
  • 秋季東海大会:1回戦敗退(岐阜第一に5-9で敗れる)
  • 春季大会ベスト8(3位決定戦で海星に2-4で敗れる)

海星

  • 秋季大会:3位(3位決定戦で白山高校に5-0で勝利)
  • 秋季東海大会:ベスト8(準々決勝で中京大中京に0-7で敗れる)
  • 春季大会3位(3位決定戦で松坂商業に4-2で勝利)
スポンサーリンク

三重県高校野球選手権大会2021の注目選手

今後の活躍次第でドラフトの注目選手になる可能性もあります。3年生にとっては、ラストチャンスですから頑張ってください!(^^)!

三重県高校野球選手権大会の注目選手

池田翔記(菰野3年)

中学時代、津ゼッツヤングリーグではエースとして3度の全国大会に出場。全国の強豪校から誘われますが、投手育成で定評のある地元の菰野に進学。菰野では寮に入り、中日5位指名の岡林勇希投手と寝食を共にしました。変化球はカーブとスライダー。制球力に優れており、落ち着いた投球を見せる。

守備:投手
球速:136㎞
投打:左投左打
身長:182㎝
体重:81㎏
出身:津ゼッツ

大洞蓮斗(菰野3年)

球を取ってからの動きが速く、セカンド送球が抜群に早い強肩。ドラフト候補の池田翔記投手とのバッテリーが注目です。

守備:捕手
セカンド送球:1.8秒
投打:右投左打
身長:170㎝
体重:76㎏
出身:津ボーイズ

窪田勇成(津田学園3年)

上背があり大型本格派右腕。中学時代は、軟式藤華クラブでエースとして活躍。コントロールが翌、変化球はカーブ、スライダー、カットボール。打者としても、同世代菰野の池田翔記投手から本塁打を放つなど打力にも期待できる選手。

守備:投手
球速:138㎞
投打:右投右打
身長:182㎝
体重:81㎏
出身:藤華クラブ(軟式)

高校野球
スポンサーリンク
今日子をフォローする
スポンサーリンク
スポーツママのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました